絶賛人気爆発中!『リコリス・リコイル』の人気の秘密は監督をはじめスタッフ陣にあった!?

《記事内容》

春夏秋冬とシーズン毎に3カ月単位でテレビアニメが大幅に入れ替わる昨今、2022年夏も多くのアニメが放送(&配信)中だ。発行部数の多いライトノベルや人気漫画の原作付きもあれば、完全オリジナル作品のものもある。毎シーズン、それら多くのアニメが視聴者を獲得するべく競い合っているわけだが、話題性も注目度も他作品から頭ひとつ、ふたつも抜けているのが『リコリス・リコイル』である。

美少女がバンバン銃を発砲するガンアクション物で、過去に同ジャンルの作品は多々あったが、これほどまで大人気に至ったのは珍しい。有名原作のアニメ化という前評判もなく、むしろ競合作の多い中でオリジナルアニメを当てるのが難しい昨今に、プロアマのファンを巻き込み凄まじい人気作となっているが、何がそこまで多くの人を惹きつけているのだろうか。


犯罪者を始末し、日本の治安を影で守っている秘密組織・Direct Attack、通称DA(ディー・エー)。そのDAから殺人の許可を与えられた実働部隊リコリスのメンバーである井ノ上たきなは、ある任務中に命令を無視した発砲が原因でチームから外された。たきなの配置転属先はDA支部の和風喫茶リコリコで、そこで看板娘として働く優秀なリコリスの錦木千束(にしきぎ・ちさと)とコンビを組むことになる。陽気でマイペースな千束と、合理主義者でクールなたきなの活躍はいかに……というのが本作の大筋。ハリウッド映画に多く見られる、性格の違う凸凹コンビの“バディ(相棒)アクション”のスタイルを下敷きに、幾多のトラブルを乗り越えながら、互いの距離感を縮めてゆく千束とたきなの人物像が見どころとなっている。オープニングのタイトルバックラストで、互いの尻にキックを入れ合うリアクションで、2人の良い関係性が伺える点もファンの注目を集めている。


本作の魅力として、スタッフの人選にユニークさが光っていることが挙げられる。まずキャラクターデザインは漫画家のいみぎむるが担当している。漫画家がアニメ作品のキャラクター作りに参加することは珍しくないが、ほとんどはキャラクター原案どまりで、アニメ用の設定清書は本職のアニメーターが担うことが大半だ。いみぎむるは2016年に自身の原作『この美術部には問題がある!』がアニメ化されているが、この時のキャラクターデザインは原作者ではない。それだけに彼が原作漫画を描いているわけではない『リコリス・リコイル』は大抜擢と言えるだろう。


以下全文

ネットでの反応

俺の(視聴者としての)経験上、良いスタッフが集まったからといって良い作品が出来るとは限らない。
むしろ逆に、良い作品には良いスタッフ、良いキャスト、良いデザイン、良い音楽が、良いファンが勝手に集まって来る、と思ってしまうことがあるのだが如何だろうか?不思議な話なのだが。
ヒットするオリジナルアニメは話数が進むに連れ人気が上がっていっている。ここ数年だとオッドタクシーやよりもい、ゾンサガといった辺りはこの傾向に当てはまる。
ただ、リコリコは前記3作品よりも伸びが凄い。放送前、ここまで人気が出ると予想したメディアはほとんど無かった。制作陣は気持ち良いだろうね。

このまま最終回まで突き進んでほしい。終わりの見えないオリジナルアニメだから楽しみです。人気作を叩きたいだけの可哀相な人間たちを逆に叩きのめして!
会話のテンポが絶妙で各話すきです。作中の音楽も凝ってていいなと思います。
千束が話し始めると周りを引っ張り回す求心力みたいなものを感じます。

OP主題歌の出だし、1番が『利己的〜』2番『リスク〜』の仕掛けに鳥肌が立ちました!
可愛さと格好良さ、シリアスとコメディ、相反する要素がうまい具合に両立してるのがこの作品のすごいところだと思う。アニオリ作品なので作画とシナリオが安定してるのも良い。
キャラも一人一人個性があるし。
正直最初は「美少女がキャッキャウフフで銃バンバンな感じでヲタクの皆さんこういうの好きでしょ」って進むものだと思って見向きもしなかったんだけど、余りにも暇でプライムでBGM代わりつけてたら、大ハマリし3回くらい見返しました。俺的にはカウボーイビバップ以来の当たり作品です。

まだ観ていないので非常に楽しみです!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。